新・海外旅行保険【off!(オフ)】
ご契約後

海外サポート

キャッシュレス治療サービスを利用するうえで、注意事項はありますか?
キャッシュレス治療サービスの注意事項は以下のとおりです。

1.保険証券(保険契約証・契約確認書など)をお持ちでない場合は、キャッシュレス治療サービスをご提供できない場合があります。

2.医療設備の整っていない国・地域、事故受付時間帯、事故場所、電話事情によっては、キャッシュレス治療サービスを提供できない、または時間がかかる場合があります。

3.戦争等危険地域、電話・交通手段の確保が困難な国・地域、金融事情が不安定なために必要な費用決済が困難な国・地域ではサービスの提供をお断りする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

4.保険のお支払い対象とならないケガ・病気につきましてはキャッシュレス治療サービスのお取扱いができませんので、お客さまご自身で病院に治療費をお支払いください。

5.保険金のお支払い対象となるケガ・病気の場合においても、キャッシュレス治療サービスのお取扱いができないことがあります。このような場合は、費用をいったんお支払いいただき、ご帰国後、海外ホットラインへご連絡ください。

【キャッシュレスのお取扱いができない主な場合】
・医師の処方箋により薬を別途購入した場合
・救急車を緊急手配した場合
・事前に海外メディカルヘルプラインにご連絡がない場合
・保険のお支払い対象となるケガまたは病気であることが確認できない場合
・滞在先、時間帯、病院・医師の事情による場合    など

6.治療費用がご契約の保険金額を超過する部分についてはお客さまの自己負担となり、キャッシュレス治療サービスのお取扱いもできません。また、キャッシュレス治療の後で保険の対象とならないことが判明した場合は、後日、海外メディカルヘルプラインまたは直接病院からお客さまへ治療費をご請求させていただきます。

7.治療後にキャッシュレス治療サービスのご利用を希望されても、サービスを受けられない場合がありますので、あらかじめご了承ください。このような場合は、治療費をいったんお支払いいただき、ご帰国後に保険金請求の手続きをお取りください。

8.治療費が少額の場合、病院・医師によってはキャッシュレス治療サービスの提供をお断りされる場合がございます。このような場合は、治療費をいったんお支払いいただき、ご帰国後に保険金請求の手続きをお取りください。
この回答で、あなたの疑問は解決しましたか?

キーワード検索

よく検索されるキーワード
このページは概要を説明したものです。詳しい内容については、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜までお問い合わせください。